警察官 婚活

警察官との婚活での知っておくべきこと

警察官の婚活で知っておくべきことについての説明をいたします。

 

まず、そもそも無警察とはどのような組織で、どのような仕事なのかを理解するコツ用があります。

 

警察は階級社会です。

 

警察の階級について説明いたします。

 

まず採用されると巡査という階級になります、続いて順次説明はますと、巡査長、巡査部長(いわゆるデカ長です)、警部補(通称、係長にあたります)警部、警視、警視庁、警視監、警視総監(警視庁の場合)といった階級から構成されています。

 

これらの階級とは別に刑事という呼ばれ方もありますが、刑事とは、捜査にかかわる人の総称で、階級とは別のいい方です。

 

刑事は、巡査から警部までおります。

 

 

続いて、警察の仕事の内容です。

 

警察の仕事は、警察署を例にして説明いたします。

 

警察署には、署長、副所長、その下に課長がいます。

 

課長は4人です。

 

総務課長(通常副署長が兼務)、生活安全課長、刑事課長、交通課長です。

 

この下にそれぞれの担当部署があります。

 

生活安全課は振り込め詐欺の摘発・注意喚起です。

 

刑事課は、強盗・傷害事件の捜査です。

 

交通課は、交通安全の啓発、取り締まりといった仕事です。

 

警察官の場合には、重大な事件が起きますと、警察署にずっと張り付いており、中々家庭サービスまでは手が届かないという実態があります。

 

また捜査関係の仕事ですと、暴力団相手に危険な事態に遭遇します。

 

単に格好良さだけで婚活するのではなく、警察官の仕事の内容をよく把握することが大事なことです。

 

結婚したら長い人生を共に過ごさなければなりません。

 

危険度や職務内容など、人生のパートナーとして適しているか考えてみましょう。

 

 

関連ページ

消防士の婚活事情
消防士への婚活につてアプローチの方法などを紹介しています。